コンタクトレンズ使用とまぶたのへこみの関係

コンタクトレンズとまぶたのくぼみ

まぶたのくぼみ,解消,コンタクトレンズ

コンタクトレンズは眼球の保護のために利用は気を付けてほどほどにというのは眼科でも言われたりしますが、美容面でどのような関係があるのでしょう?

 

まず着け外しの際にまぶたを引っ張りすぎてしまうことで、ただでさえ皮膚が薄いまぶたに必要以上の負担をかけてしまい、皮膚への悪影響、とくにたるみの原因となってしまうので引っ張るとしも力を弱くして素早く行うことを意識したいものです。

 

ではへこみに関してはどうなのかというと、へこみや痩せはたるみやしわと同じプロセス→皮膚内の血流や老廃物の排出力の乱れやコラーゲン、エラスチンを生み出す繊維芽細胞の活性低下を引き起こし安くなってしまう危険が潜んでいます。

 

これらが重なり合って徐々にへこみやくぼみを増大させる要因となってしまうんですね。

 

メイクの上でもその他いろいろな面でもコンタクトレンズをやめるわけにはいかないということも多いのですが、休みの日や自宅ではなるべくメガネの頻度を多くする。

 

コンタクトレンズ装着中はなるべくまばたきを多くして涙の循環を促進させ、目の疲れを軽減させてあげることを意識しましょう。

 

まぶたを温めてあげることは目の疲れを取るのにも目元の血流を良くしてあげることにも有効ですが、目の疲れが軽減されてすっきりしたからといってすぐにまた目を使うということはできれば避けて、温めた後はそのまま目も休めてあげるのがより効果的です。

 

一番効果があるのはこの後目を使わない就寝前です。

まぶたのくぼみ,解消,コンタクトレンズ

 

夜のお手入れと一緒というのも面倒くささが分散しないので、続けやすいですね。
この場合もその後はあまり目を酷使しないようにして効果の消失を防ぎましょう。