まぶたのくぼみとたるみ

瞼のたるみとくぼみ

まぶたは外的刺激や皮膚の弾力低下顕著にあらわれてしまいます。

 

目元全体がくぼんでくることに加えて上まぶたや目袋のたるみもいっしょに
出てきてしまってそれがお互いに相乗効果としてさらに見た目でも
はっきりわかってしまうということも多いです。

 

でも逆に言えば一緒にケアしてあげることで良くなるのも相乗効果として
両方にいい影響を与えるとも言えます。

 

根本原因の共通点が多いので目元ケアは、たるみ、くぼみ、しわが
同時に出てくる反面、ケアも同時に行えるということになります。

 

ポイントはせっかくお手入れを頑張るのなら効果のある方法や効果のある化粧品をチョイスして効率的に行うべきだということですね。

 

効果が目に見えるとますます頑張るモチベーションアップにもつながりますから。

 

 

化粧品選びは目元とそれ以外のところは一緒にしないのが大切です。

 

ハリを与えてくれるものであっても頬や口元とまぶた、目元では皮膚の厚みが
格段に違いますし、浸透するプロセスもかわってきているんです。

 

刺激に弱い部位なので、テクスチャは軽いもので目元への浸透と成分持続をしっかり考えられたものをおすすめします

 

目元専用に技術開発された化粧品

 

 

まぶたのくぼみ解消は生活の見直しも!

まぶたのくぼみ

若い時でも疲れていると目がくぼんで見えるというのはよくあります。
年齢が重なっていくとそれが顕著にあらわれますし、回復が遅くなり
ちょっとのことでもくぼみが目立つ場合もよくあります。

 

疲れもさることながら目を使いすぎただけでもこの症状が出ることも多くありますので
普段の生活で留意することも必要です。
仕事上目を酷使するということもありますし、目を使うなという方が無理な時代ですが、
極力一定時間ごとに目を休ませる時間を設ける。

 

これは長時間休ませなくても数分(できなければ1−2分からでも)休ませるように
するだけでも違いますし、まばたきの回数が少ないとどうしても涙の流れもわるくなり
目が乾きがちになるので、意識したり涙目薬を使う等ちょっとした事でもあとで大きな違いとしてあらわれてきます。

 

夜寝る前の一時に目を温めてあげるのも効果があります。
ドラッグストアで売ってる「蒸気でホットアイマスク」やそれでなくても
絞ったタオルを電子レンジで温めてつくる蒸しタオルでも代用できるのでぜひお試しください。