ビタミンCの効果

ビタミンCの効果

ビタミンC=美容によい!
これはなんとなく知っているというかそういうものだという認識がほとんどですね。
もともとは美白効果に注目度が高く、それに加え漠然と美容・健康によいという感じで捉えている場合は多いみたいです。

 

ビタミンCは美白効果はもちろんですが、その他にもお肌に良い作用がとても多いのです。

 

お肌を老化させる活性酸素。これは身体を酸化させてしまいお肌にも体にもよくありません。抗酸化食品としてポリフェノールの含有量が多いものが注目されていますが、ビタミンCも優れた抗酸化作用が認められています。アンチエイジングにとっても大切なビタミンということになります。

 

また体内でコラーゲンを生成するために不可欠なものでもあるんですね。

 

ただビタミンCそのものはなかなかお肌から入っていくことが難しく、壊れやすいものなのでそのまま化粧品に配合しても効果が出にくい欠点がアリました。

 

そこでその欠点を改良したのがビタミンC誘導体です。
浸透しやすく浸透してからビタミンCとして効果を発揮するようになっています。

 

目の皮膚痩せをビタミンC誘導体MGAで内側からサポートするアイクリーム

ビタミンCの多い食べ物

ビタミンCは体内で生成できないので、体内へは食べ物からの摂取に頼るしかありません。


ビタミンCの多い食べ物で代表的なのは赤ピーマン、柿、アセロラ、キウイ、いちご、ブロッコリー、パセリ
きゃべつ、ケール、ゆず(果皮)、ゆず(果皮)、焼のり等です。

ビタミンC 食品

ただビタミンCは過剰に摂っても体内に蓄積されず排出されてしまうので毎日の食事に意識して取り続けることが大切だということです。

 

またタバコはビタミンCを壊してしまうので、喫煙している場合はより多く摂る必要があるようです。